1. HOME
  2. ブログ
  3. カテゴリー
  4. Pix4DmapperとUTC

記事一覧

Pix4DmapperとUTC

はじめに

本記事では、ドローンマッピング向け写真測量ソフトウェア「Pix4Dmapper」についてご紹介します。Pix4DmapperはUTCのプログラム「UAV写真測量 初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION」や「Phantom 4 RTK UAV写真測量講習」にも使われており、昨今ドローンを活用し3次元データを作成する際に注目を集めているソフトウェアです。
ドローンで撮影した対象物の座標情報とこのソフトウェアを使うことで体積データや距離を1センチメートルの高度な結果を導き出すことができます。そして、その情報を基に測量や建物調査など様々な用途に応用することができます。ドローンの産業活用の現場では注目されているソフトウェアなので、是非知識として知っておいてください。

SfMソフトウェアと3次元データ

SfMソフトウェアとはドローンや手持ちのカメラにより異なる位置で撮影された複数枚の写真から、3次元データを生成する写真解析ソフトウェアです。市場には「Pix4Dmapper」をはじめ「Metashape」「Magnet Collage」などがあり、ドローン測量などドローンの多角的な発展と共にその数も増えています。SfMソフトウェアを使うことで、撮影した写真情報から対象物の座標情報(X,Y,Z)などを点群データから導き出すことができます。

そもそもSfMソフトウェアで生成する点群データでの3次元データがなぜ必要なのかというと、建設現場での土量測量や施工シミュレーションを行うためには、詳細な構造物・地形の情報把握をすることが重要となるためです。そこで活用するのが、点群データ化した3次元データです。点群データを用いることにより、撮影した対象物の座標情報から体積データや距離を測ることが可能となり、その情報をもとに測量などが行われます。
さらに詳しくSfMソフトウェアに関して知りたい方は他の記事で説明しているので、ご覧ください。

Pix4Dmapperの特徴

Pix4DmapperはスイスのPix4D社が開発した、自動オルソモザイク&3D処理ソフトウェア(SfMソフト)です。ドローンや地上で撮影した画像データから三次元形状の復元、オルソモザイク画像を生成するだけでなく、特殊用途のカメラで撮影した画像を指数計算機能を用いて演算処理することが可能です。

特徴1:画像から高精度の3Dマップやモデルを作成
独自の環境でオリジナル画像を3D再構築の各ポイントへ接続することによって、プロジェクトの精度を視覚的に検証し向上。
・点群自動分類
・モデル表面を平らで滑らかに
・面積、距離、体積、標高を簡単に測定
・点検&アノテーション機能

特徴2:画像第一
どんなカメラ、どんなドローン、どんな画像もOK。すべての .jpg または .tif ファイルに対応。Pix4DmapperはDJI製ドローンをサポートしており互換性がとれています。マッピングやモデリングを行える無料ドローン飛行計画アプリ「Pix4Dcapture」も用意しており、DJI製のドローンをお使いの方はこのアプリで、「ミッション選択」「パラメーター調整」「自動航行」「Pix4Dcloudへの自動アップロード」を可能となります。

特徴3:プロジェクトに合わせてツールを自由に選択
分析やレポーティングを行う際に、デジタルマップやモデルを対象業界で利用される各フォーマットへ簡単に出力が可能。
・点付き点群
・オルソモザイク
・サーマルマップ
その他
その他の細かい機能に関しては機能一覧から確認が可能です。

終わりに

Pix4Dmapperにご興味のある方は無料トライアルがありますので、一度使ってみてはいかがでしょうか。PCとの互換性もあるので購入前に1度動作確認することをお勧めします。
UTCではドローンを使った測量や点検の方法をPix4Dmapperを使い講習を行なっております。ドローンを使い測量や点検を行う際に時に気をつけなくてはいけない撮影方法や、Pix4Dmapperでのデータ解析方法まで全て網羅しております。最短最速でマスターしたい方にはお勧めです。

Pix4Dmapperを使うUTCの講座

UTCでは以下の講座でPix4Dmapperとドローンの活用方法を学べる講習を行なっています。
ご興味にある方は是非覗いてみてください。
UAV写真測量 初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION
Phantom 4 RTK UAV写真測量講習

ドローンスクールの皆様方へ
キャンパス開講・新プログラム導入を
ご検討の企業様はコチラ

受講をお考えの皆様方へ
UTC提供プログラムに関してはコチラ