1. HOME
  2. ブログ
  3. ニュース一覧
  4. DJI Terra 活用方法

お知らせ

DJI Terra 活用方法

はじめに
DJI Terraとは産業分野での周辺データを取り込み・分析し、可視化できるマッピングソフトウェアです。農業・建設現場・事故現場など各業界での使用が想定されており、2Dオルソモザイクや3Dモデル作成時に必要となる「計画・処理・分析・実行」を、ソフトウェア内で「ミッション計画・データの取得・エリアマッピング・データ分析」の通りに作業を行ないます。これによりドローンパイロットは短時間で意思決定しなくてはならない作業の効率化を実現します。
本記事で はDJI Terraの具体的な機能や性能を、活用事例を用いながら説明します。

DJIが作成したDJI Terraに関する紹介動画:

(英語字幕のみの動画です)

DJI Terraの仕様
DJI Terraを使用するにあたり、ドローンパイロットは空撮を行う目的(座標/距離/面積/体積のデータを取得)を定義し、それに応じた自動飛行を計画します。計画に沿ってドローンを自動航行させ空撮を行い、その後取得したデータを元に2D・3Dマッピングを行います。これにより作業の目的となるデータを取得することができます。

ステップ
①ミッション計画:ウェイポイント/エリア/傾斜(オブリーク)/飛行帯の4種類の機能から必要に応じたデータの取得方法を選択。ドローンの飛行ルートをソフトウェア上で作成し、ドローンの自動飛行準備を行います。
②データの取得:ドローンの自動飛行時に、ミッション計画で指定したポイントにて空撮。
③エリアマッピング:空撮で取得したデータを利用し2D、3Dマッピングを作成。
④データ分析:エリアマッピングで取得したデータから、座標・距離・面積・体積を計算し情報を取得。

DJI Terra ミッション計画の種類
ウェイポイントミッション計画
事前に定義したウェイポイント(経路上の地点情報)と、機体の高度/速度/ジンバルピッチ角/機体の向きなどの調整を行い、飛行経路を作成します。複雑で狭い場所での飛行の際には、3D飛行可視化機能を使用しシミュレーションを行うこともできます。
エリアミッション計画
画面の地図上に飛行エリアを描くことで、複雑なミッションを自動的に生成し指定したエリアを簡単に撮影することができます。
傾斜(オブリーク)ミッション計画
自動で目標エリアに対しての5パターンの飛行ルートを作成することができ、下方、前方、後方、左右の計5方向の様々な角度から対象物の撮影を行えます。これにより、より鮮明な3Dモデルを取得することができます。
飛行帯ミッション計画
地図上に線を引くことで自動飛行ミッションを作成できます。道路や鉄道周辺を撮影する際に使われ、目的に応じて2Dマップと3Dモデルの選択をすることが可能です。

オブリーク(傾斜撮影)機能の使用方法に関して、DJI JAPAN SUPPORTが出している説明動画があります。

活用事例 -佐賀県唐津市
DJI Terraの活用事例の一つとして佐賀県唐津市の唐津城があります。唐津城は約400年の歴史を持つ歴史的建造物で、幾度となく起こる地震や台風などの天災により石垣の劣化が進んでいます。唐津城の文化的文化財的保護の観点から後世に残していくため、Phantom 4 RTKとDJI Terraを用いて唐津城の石垣の3Dデータを作成し、現状の石垣を記録することができました。奥行きのある石垣は平面からの分析が難しいため、3Dモデル化して残すことで築城当時の正確な情報を後世引き継げるように挑戦しています。
このように複雑な構造物でもDJI Terraでは3Dデータ化を可能としています。

まとめ
DJI Terraは農業・建設現場・事故現場など各業界での産業利用が見込まれており、2Dオルソモザイクや3Dモデル作成時に必要となる「ミッション計画・データの取得・エリアマッピング・データ分析」を短時間で実現できるマッピングソフトウェアです。2020年の7月にはDJIからは永久ライセンスもリリースされました。Phantom 4シリーズドローン向けのソフトウェアになっておりますので、普段Phantom 4を業務で使われている方は一度本サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。