1. HOME
  2. ブログ
  3. ニュース一覧
  4. ドローンでビジネスを考えている全ての方へ

お知らせ

ドローンでビジネスを考えている全ての方へ

はじめに
「ドローンで新たなビジネス提案をしたい!」「ドローン活用の将来性に魅力を感じる!」「ドローンでサイドビジネスをしてみたい!」そんな声をよく聞きます。しかし、多くの人が挑戦したいと思う反面、ドローンでビジネス展開するのは厳しいのではないかと思われているのではないでしょうか?答えはその通り「難しい」です!ドローンを飛ばせるだけでお金がもらえる仕事はほとんどありません、そのためドローン+αのスキルや知識が必要となってきます。今回は簡単ではないがドローンでのビジネス展開の可能性のある分野(空撮・農業・建設)を見ていきます。

ドローン × 空撮
皆さんも一度はドローンで撮影された映像を見たことがあると思いますが、ドローンを使った映像はテレビ番組をはじめ各種様々な動画でも使われております。しかし、ドローンを使ったシーンは実際のテレビ番組ではどのくらい使われるでしょう?1つのテレビ番組で数秒ドローンの映像が使われることがありますが、ほとんどのシーンは通常のカメラで撮られた映像です(*空撮がメインに組み立てられた番組は別ですが…)。したがって、ドローンにより撮影された映像は、ある種スパイス的な要素として使用されることが多いため、ドローンでしか撮れない映像の用途を意識しながら撮影する必要があると思われます。
基本的なフライトテクニックはもちろんですが、カメラワークも大変重要な要素になります。カメラの構造や、基礎知識、それらを理解した上、効果的なカメラワークを習得し、より魅力的な映像を撮影するスキルが求められます。
またプラスαのスキルとして、様々な空撮シチュエーションにも対応すべく上級者向けの機体やカメラを使用できるスキルや、撮影した素材の編集スキルも併せて身に着けておくといいかもしれません。

最近ではマイクロドローンを使った撮影方法も人気を高めており、大きなドローンでは通れない狭い箇所を自由自在に飛行し撮影する、新たな空撮方法が広がっています。
マイクロドローンと一般的なドローンの違いには、FPV操縦というゴーグルをつけての操縦となる点です。しかし、このFPV操縦でゴーグルを使用する際に異なるのが電波帯域です。通常のドローンは2.4GHz帯でドローンを操縦しますが、FPV操縦はゴーグルを使用することで5.8GHz帯の電波を使用することになります。そのため第4級アマチュア無線技師という資格の取得や、ゴーグルを使用してのドローンの高い操作技術が必要となります。通常のドローン操縦に加えてこれらのプラスαのスキルがあれば空撮業界でも重宝される人材となれるでしょう。

ドローン × 農業
最近特に注目されているのが農業分野でのドローンの活用です。農薬散布は人力で1ヘクタールを1時間以上かけて行っていたところを、ドローンでは約10分程度に短縮することが可能です。7月の炎天下の中で肥料や農薬を撒くことは熱中症などの危険を伴い、それ以外にも農薬散布時に農薬を吸い込み散布者の人体に悪影響を与えることも考えられます。このきつくて危険な作業を置き換えることができるのが、ドローンです。

UTC農業ドローン協議会に参加しているスクールの受講者には、一般農家さん・農業組合員・その他の業種の方などがいます。一般農家さんや農業組合員の方は一定広さの農地を持った人が参加し、その他の業種の方は今後くるニーズ(新規事業)への投資として参加をしています。日本政府も食料自給率を上げることに農業事業に関しては力を入れており、現在では農業の機械化への補助金や給付金を出しております。世間では10年後に「消える職業」や「なくなる仕事」などが話題となっておりますが、農業は決して無くなることのない職業分野です。(日本から農業が無くなったら大問題です。)農薬散布を副業として、新たなビジネスを展開するのも今後の可能性を強く感じます。

ドローン × 建設
最後に、これまでの記事にも取り上げましたが、ドローンでの測量や点検などのニーズもあります。しかし、これらの仕事の場合は基本的に企業に属している人が人材育成として、ドローンを使った測量や点検プログラムを受講し社内のみで完結することが多いです。そのため、もともと建設や点検に関する知識を持っている人がドローンに関しての知識を身につけることで、各現場でニッチな存在になれます。
以下、ドローンと特殊スキルを身につけられるUTCプログラムです。
UAVリモートセンシング撮影
Phantom 4 RTK UAV写真測量講習プログラム
UAV写真測量 初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION
空撮技術コース powered by airvision

常に、新しいことを学ぶ姿勢を持ち続けていきましょう。ご質問があれば以下までお問い合わせください。

お問い合わせ
do 株式会社 UTC運営事務局
Email:contact_utc@dojapan.co.jp
当プログラムの運営をご検討のスクール様も随時受付を行っております。