1. HOME
  2. ブログ
  3. ニュース一覧
  4. 【初心者向け講習】DJIの教科書 ゼロからはじめる ドローントレーニング

お知らせ

【初心者向け講習】DJIの教科書 ゼロからはじめる ドローントレーニング


プログラム作成の背景:
近年ドローンは建設、インフラ点検、災害対応、農業などで広く活用されており、作業従事者の安全と効率化に不可欠なソリューションとしてすでに広く認知されております。それと同時に、ドローンを正しく安全に活用できる人材育成も急務となり、2017 年以降、国土交通省が同航空局ホームページに無人航空機の講習団体及び管理団体の掲載を開始し、ドローンの未経験者が一定の技能と知識を取得できるように育成するドローンスクールの数も増加しています。しかし、各講習団体が独自でドローンカリキュラムを提供しているため、ドローン教育の標準化が難しいという課題もあがってきております。

目的:
ドローン教育の標準化を進めるにあたり、世界で最も現場活用されているドローンメーカーDJIのノウハウを基に、全国のドローン操縦者に向けに「DJIの教科書 ゼロからはじめるドローントレーニング」をDJIのドローン専門トレーニングセンター(UTC)から提案します。これからドローンの操縦を検討されている方や、操縦経験はあるがスキルアップを目指される方向けに、多くのパイロット育成を通して培ってきたノウハウをもとにプログラムを作成しました。この記事ではプログラムを受講することで学べることや、実際の教科書の内容を紹介いたします。

 

DJIの教科書 ゼロからはじめる ドローントレーニングの内容

カリキュラム
座学航空法などのルールについて
電波やGPS、バッテリーの特徴について
DJI GO 4」の使い方について
基本操作方法について

実習

 

離陸・着陸の基本操作
ホバリング
四角形飛行
円形飛行
8の字飛行
フライトスキルチェッ 


カリキュラム内容(飛行モード)
カリキュラムに含まれている飛行モードに関して例に挙げれば、受講生の方には初めに飛行モードの違いについて座学で学んでいただき、その後実習を行います。座学ではPモード/Sモード/Aモードやモード1/モード2の違いを理解し、それぞれどのような場面でモード変更すべきかなど実例を交えながら学習します。そして、実技では「機種の向きを変えずに四角形に飛行」「機種の向きを変えずに円形に飛行」などを行い、ドローンを飛ばす上で必須となるスキルを習得していただきます。これらは、飛行経験が増え産業利用をする際にも確実に必要となってくる基礎的なスキルです。

本プログラムに含まれる航空法などのルールDJI GO 4 アプリの使用方法も講座内でお伝えしますが、当サイトの他ページにも記載があるので是非覗いてみてください。

まとめ
「DJIの教科書 ゼロからはじめる ドローントレーニング」を受講していただくことで、DJIスペシャリストなど、認定試験に必要な知識や技術の習得も可能となります。ドローンには興味はあるが、まわりにドローンの飛ばし方に関して詳しい人がいない方、事故を起こしてしまう可能性を少しでも抑えたい方には必須の講座です。
今後確実にくると言われているドローン前提社会に向けて、一緒に安心・安全なドローン活用を目指しましょう。

お問い合わせ
do 株式会社 UTC運営事務局
Email:contact_utc@dojapan.co.jp
当プログラムの運営をご検討のスクール様も随時受付を行っております。