1. HOME
  2. ブログ
  3. ニュース一覧
  4. DJIとコマツが監修する新たなICT提案【UAV写真測量プログラム】

お知らせ

DJIとコマツが監修する新たなICT提案【UAV写真測量プログラム】

DJIとコマツが監修する「UAV写真測量 初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION」ではどのようなことが学べるかを紹介します。

このプログラムはUAV(無人航空機:ドローン)の使用経験の有無に関わらず、土木建設および測量業務に携わる全ての人を想定しており、様々な現場に携わる人々の生産性向上に寄与できるようプログラムとして作成されています。受講者はプログラムを通して、UAV写真測量に必要な知識、操縦技術および写真測量の具体的な手順を、正しく、体系的に習得することができます。

i-Construction
i-Constructionという言葉はご存知でしょうか?国土交通省は、『「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もっと魅力ある建設現場を目指す取組』と定義し、国として各分野でのICT利活用を促進し、将来的に生産性を2倍にすることを目指しています。このICT利活用の中に含まれるのがUAV測量やSfMソフトを使っての解析などです。

UAV写真測量のメリット
UAV写真測量を用いることで、従来の測量と比べ多くのメリットがあります。従来の測量方法と比較し時間の短縮ということは明確ですが、それ以外にもデータを蓄積することでのデータ比較が容易になることや、属人的な測量方法からの脱却が可能となり、人材不足の解決策ともなります。

UAV写真測量従来の測量
測量・ドローンの使用
・測量にかかる時間の短縮
・3Dデータの生成と付随する多角的な活用
・トータルステーションやGNSS測量機器の使用
・測量への長時間の拘束
・2Dの平面図や設計図作成
分析・SfMソフトの使用・紙書類での分析
その他・人的リスクの少ない測量方法
・ICT活用による時間短縮
・立ち入りが危険な場所での測量
・測量士の人手不足

UAV写真測量プログラム
UAV写真測量プログラムではICTの一環となる「ドローンによる3次元測量」「ドローンの自動飛行アプリGround Station Pro」「SfMソフト(解析ソフト)」などのICTソリューションを用いて、安全で生産性の高い方法を身につけてもらいます。


出典: https://smartconstruction.komatsu/whats.html

UAV写真測量プログラムでは、ドローンの操縦経験がない人に対しても、ドローン飛行における基礎的なルールや操作方法を一から学習できます。カリキュラムは主にドローンの基礎編と写真測量編に分かれています。基礎知識編では航空法や送信機(プロポ)の操作方法、空撮方法を学びます。その後UAV写真測量に関する手順と方法をDJI Ground Station Pro やSfMソフトの使い方を学習し、実際の現場で実技演習を行います。


講習スケジュール
プログラムは4日間の講習となっており、最終日には飛行計画テストや実技テストを受けてもらいます。最終日の実技テストに合格した人には、講習後のオンラインテストへ進んでもらい、合格するとUTC認定証が発行されます。UTC認定証の写しを提出することで無人航空機の飛行申請を行う際に、提出する申請書類の一部((様式3)申請書、無人航空機を飛行させる者の追加基準への適合性)を省略することができます。

1日目:[座学]初めてのドローン [実習]ドローン操縦スキル(初級)
2日目:[座学]ドローン関連知識、飛行計画策定 [実習]ドローン操縦スキル(初級)
3日目:[座学]写真測量関連知識 [実習]操縦スキル(Aモード)、写真測量訓練
4日目:[座学]コマツUNISURVEY実習 [実習]写真測量訓練 [テスト]飛行計画テスト、飛行実技テスト

まとめ
ICT活用は着実に進んでおり、後退することのない新たなソリューション提案です。安全性・労働力不足・生産性向上など直面している問題に対しての解決策となり、日本をはじめ世界でも活用が大幅に増えています。この機会に事業の見直し・改善の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。