1. HOME
  2. ブログ
  3. ニュース一覧
  4. 飛行許可承認書の見方

お知らせ

飛行許可承認書の見方

飛行許可承認書の見方
飛行許可申請書の読み方はしっかりと理解できていますでしょうか?UTC受講生の多くから寄せられる質問に「どのように飛行許可申請書を読めばよいのか」という内容が多くあげられます。ネットにも飛行許可承認申請の記載例(国交省含む)は多数ありますが、実際の飛行許可承認書の見方についての記載がほとんどないため、こちらの記事で紹介させていただきます。

以下が飛行許可承認書のサンプルとなります

①タイトル
許可承認書のタイトルです。無人航空機の飛行に係る「許可書」「承認書」「許可承認書」の3パターンのいずれかとなります。
【タイトル】
・無人航空機の飛行に係る許可書
→「許可書」:航空法で禁止(飛行禁止空域)されている飛行場所に対し許可が下りた場合
・無人航空機の飛行に係る承認書
→「承認書」:航空法で同意が必要な飛行方法に対し認められた場合
・無人航空機の飛行に係る許可承認書
→「許可承認書」:上記「許可書」「承認書」どちらにも該当する場合

②事項
認められた飛行形態等が記載されます。事項には航空法第132条及び第132条の2の条項が列挙されるので、対応する許可承認内容は次を参照してください。より詳細を確認されたい方は、以下のウェブサイトを参考にしてください。
https://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html#a

航空法: https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=327AC0000000231#941
航空法に関するよくあるご質問や条文などの資料について: https://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000043.html

【許可承認内容】
 第132条第1号
 (A)進入表面、転移表面若しくは水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域又は航空機の離陸及び着陸の安全を確保するために必要なものとして国土交通大臣が告示で定める空域
 (B)地表又は水面から150m以上の高さの空域
 第132条第2号
  人又は家屋の密集している地域の上空
 第132条の2第5号
  夜間飛行
 第132条の2第6号
  目視外飛行
 第132条の2第7号
  人又は物件から30m以上の距離が確保できない飛行
 第132条の2第8号
  催し場所上空の飛行
 第132条の2第9号
  危険物の輸送
 第132条の2第10号
  物件投下

③期間
許可承認の期間が記載されます。最長で1年間です。

④飛行の経路
許可承認の場所が記載されます。
【記載内容(例)】
・日本全国(飛行マニュアルに基づき地上及び水上の人および物件の安全が確保された場所に限る)
・特定の場所

⑤無人航空機
許可承認を受けた機体が記載されます。機種別に記載されます。
【記載内容(例)】
・DJI社製 Phantom4

⑥無人航空機を飛行させる者
許可承認を受けた方の氏名が記載されます。
【記載内容(例)】
・UTC太郎、UTC花子・・・

⑦条件
上記①〜⑥以外の条件の記載があるので確認が必要です。最後に、飛行実績報告の記載があります。許可等の期間においては3ヶ月ごと及び許可等の期間終了後に、飛行実績を報告する必要があります。

まとめ
まずは、予定する飛行方法や場所では飛行の許可等が必要か確認しましょう。許可や承認が必要とわかったら次に申請を行います。飛行の申請方法については他のページにも記載がありますので確認してみてください。
許可承認を受けた後も、実際に飛行する前に今一度内容を確認し飛行を行いましょう。場合によっては気づかずに法を犯してしまっていることもあるので注意が必要です。